不要なPCのハードディスクは再利用できる

パソコンを引き取ってもらう前にハードディスクは外しましたか?ハードディスクには個人情報が入っていますので外しておきましょう。また、不要なPCのハードディスクは新たに購入したパソコンの役に立ちます。では、ハードディスクの再利用についてご紹介します。

 

まず、パソコンの処分は車の処分と同様と考えたら納得がいくと思います。パソコンを何らかの理由で買い換えたので、今までのパソコンを処分したい場合、通常は役所が決めた「資源有効利用促進法」によって、メーカーによる回収、リサイクルが義務づけられています。

 

使用済みパソコンは、普通は会社で使用していた事業用パソコンと家庭で使用していた家庭系パソコンとに分けられ、事業系パソコンについては平成13年から、家庭系パソコンについては平成15年から法律に基づいた回収・リサイクルが行われています。古くなったパソコンや使わなくなったパソコンを廃棄・処分する際は、基本的に自治体での処分・回収は行われないため不燃物・粗大ゴミとして出すことは出来なくなっています。

 

従って、電気店などで有料で引き取ってもらうようになります。 対象のものは、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、液晶と本体の一体型パソコンなどです。パソコンの状態で、PCが起動しない、異音がする、初期化したなどの場合でも完全にハードディスクのデータが消えているというわけではありません。 特殊な方法で読み取ることは可能といわれています。 なのでパソコン廃棄する際は特にハードディスクに気を付けなければならず、消去する必要があります。

 

ただ、ハードディスクは取り出して再利用が可能です。 出来れば接続用のケーブルを購入し、バックアップ用として使用することをお勧めします。