古いパソコンを捨てる時に注意したいこと

使っているパソコンが時代遅れになって買い換えたいとき、あるいは故障して直せなくなったとき、一般の家電製品とは異なり、パソコンは自治体の粗大ゴミ回収に出すことはできません。

 

廃棄したいパソコンが比較的新しい物(目安として、2003年以降に発売された物)で、メーカーがわかっている場合は、メーカーに問い合わせてパソコン廃棄の手続きを開始します。この場合、手続きにかかる費用は購入時に払っているはずなので、メーカーが無料で引き取ってくれます。

 

これよりも古いけれどもメーカーがわかっている場合も、メーカーに問い合わせます。こちらの場合、費用をまだ払っていないはずなので、パソコン廃棄にかかる費用を廃棄時に支払います。支払い方法については、問い合わせたときに確認しましょう。

 

問題は、自作パソコンやメーカーが倒産してしまったパソコンなどです。
このようなパソコンは引き取ってくれるメーカーが存在しませんが、「パソコン3R推進協会」という団体が対応してくれます。この場合、パソコン廃棄にかかる費用を購入時に支払っていたとしても、その支払った金額は協会に渡っていませんから、改めて廃棄時に支払う必要があります。概ね4〜5千円かかります。

 

パソコンを処分するのにお金をかけたくない方は当サイトで無料回収させていただきます。壊れているパソコンも貴重な資源になりますし、パソコンを分解すればまだ利用価値のある部品が手に入ります。データの削除もご依頼されましたら行うことも可能です。お客様側でハードディスクを抜いて郵送していただいてもOKです。
無料でパソコンの引き取りをご希望はこちら